利用規約

個別のサービスの利用条件が適用される場合を除き、WIPOのウェブサイトを閲覧し、またWIPOのオンラインサービスを利用することで、利用者は以下の条件に同意するものとします。

個別の利用条件において別段の定めがない限り、WIPOが情報源であることを認める表示が付されること及び元の内容と異なる場合はその旨明示することを条件として、WIPOのウェブサイト及びオンラインサービスのコンテンツの利用にあたり誰でも明示的な許諾を得ることなく複製、配布、翻案、翻訳及び公での実演を行うことができます。これは、クリエイティブ・コモンズ (CC) 表示4.0 IGOライセンスに則したものです。

利用者は、WIPOのウェブサイト及びオンラインサービスのコンテンツに関連して、WIPOの評判を損なうような歪曲、カット編集、変更その他の行為を行ってはなりません。

利用者は、WIPOから書面による明示的な許諾を事前に得た場合を除き、WIPOの公式な紋章またはロゴを使用する権利を有せず、WIPOによる後援または推奨を暗示または明示してはなりません。WIPOから許諾を得るには、使用許諾の申請をWIPOに送ってください

2016年11月15日から、WIPOの新しい出版物及びその他特定のコンテンツについては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づく使用が認められ、かかる表示が明確に付されます。

本利用規約は、第三者により提供されるコンテンツには適用しません。WIPOにより公開されるコンテンツに単数または複数の第三者に権利が帰属する画像、図表、商標または社標等の資料が含まれるときには、当該資料の権利者との間の権利処理については、当該コンテンツの利用者が単独で責任を負います。

一般免責事項

WIPOは、情報の正確性、可用性、完全性及び適時性を確保すべくあらゆる努力をしていますが、その担保はできず、いかなる保証も行いません。WIPOは、WIPOのウェブサイト及びオンラインサービスのコンテンツに含まれる誤りや記載漏れについて何ら責任を負わず、また、WIPOのウェブサイト及びオンラインサービスの利用に関連して生じたいかなる性質のいかなる損失に対しても、一切の責任を免れるものとします。WIPOは予告なしにいつでもこれらの内容を変更できるものとします。

他のウェブサイトを参照するハイパーリンクは利便性のためにのみ提供されているに過ぎず、WIPOがリンク先のウェブサイト上の情報について責任を負うことまたは承認することを意味するものではありません。WIPOは、リンク先のウェブサイト上の情報、テキスト、画像及びハイパーリンクの正確性、可用性、信頼性または内容について、明示的または黙示的を問わず、いかなる保証も行いません。またWIPOは、他のウェブサイトのソフトウェアについて検証を行っておらず、そのようなソフトウェアの品質、安全性、信頼性または適切性について、何ら表明するものではありません。

WIPOは、WIPOのウェブサイト及びオンラインサービス上でダウンロード用に提供するソフトウェアにウイルスが含まれないよう努めますが、あらゆるウイルスに一切感染しないことを担保することはできません。ウイルスやワームへの感染も含み、かかるソフトウェアや関連コードに起因して生じたいかなる損失や損害に対しても、WIPOは責任を負いません。

地図に関する免責事項

WIPOによりWIPOのウェブサイト及びオンラインサービス上に表示される地図で用いられる表記及び表示資料は、国、領域、市若しくは地域またはその当局の法的地位、またはその国境若しくは境界の画定に関するWIPOとしてのいかなる見解の表明をも意味するものではありません。

オープン・アクセス・ポリシー

WIPOは、知識の共有及び普及を促進する取組の一環として、また、その出版物をできるだけ広範囲の読者の利用に供するため、オープン・アクセス・ポリシーを採用しています。

WIPOは、均衡のとれた実効的な知的財産制度の基本目的は、全ての人々の経済的、文化的及び社会的利益のために、人間の知力の産物の創造、普及及び使用を促す枠組み及び支援を提供することだと考えます。

WIPOは、国際的な知的財産制度により生み出される豊富な知識や技術情報に対するユニバーサルアクセスを促進する取組において主導的な役割を担います。知的財産関連情報の世界的な情報源として、WIPOは、広範囲にわたり収集した出版物、データ、研究、報告及び学習資料を利用者の利用に供します。WIPOのオープン・アクセス・ポリシーは、知識の共有に対するこの取組を正式に表したものであり、このような資料への容易なアクセスを可能にし、さらに政策担当者、研究者、実務家及び一般市民によるその利用や活用を可能にするものです。

オープン・アクセス・ポリシーの内容

オープン・アクセス・ポリシーの下で、WIPOは、WIPOのコンテンツに対する著作権を留保した上で、そのオンライン出版物及びWIPOの名義で公表されるその他のオンラインコンテンツに対する無料のアクセスを促進し、また、そのコンテンツの利用に課せられる条件や制限を最小限にとどめます。

WIPOの名義で公開されるオンラインコンテンツについては、個別の利用条件において別段の定めがない限り、誰でも複製、配布、翻案、翻訳及び公での実演を行うことができます。ただし、WIPOが情報源であることを認める表示が付されること及び元の内容と異なる場合はその旨明示することを条件とします。

WIPOは、オープン・アクセス・ポリシーの実施のために、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CCライセンス) を使用します。CCライセンスは、創造的コンテンツに対するアクセスを促進する著作権ツールとモデル契約書がセットになったものです。

CCライセンスは、2016年11月15日以降にオンラインで公開されるWIPOの出版物に適用されます。

別段の定めがない限り、全ての著作物に対する全ての著作権はWIPOに帰属します。

2016年11月15日より前に公開され、WIPOに全ての権利が帰属する出版物に関しては、CCライセンスに基づく公開が個別に検討される可能性があります。

本オープン・アクセス・ポリシーは、第三者により提供されるコンテンツについては適用しません。WIPOにより公開されるコンテンツに単数または複数の第三者に権利が帰属する画像、図表、商標または社標等の資料が含まれるときには、当該資料の権利者との間の権利処理については、当該コンテンツの利用者が単独で責任を負います。

特権及び免除

本利用規約に含まれ、または関連するいかなる事項も、WIPOが国際機関及び国際連合の専門機関として享有する特権及び免除の放棄とはみなされず、また解釈されないものとします。

紛争解決

本利用規約に起因または関連してWIPOと利用者との間に発生し友好的に解決されなかったあらゆる紛争は、その時点で有効なUNCITRAL仲裁規則 (UNCITRAL Arbitration Rules) に従った仲裁手続に付託されるものとします。両当事者は、かかる仲裁手続の結果として下された仲裁判断をかかる紛争の終局的判断とし、かかる仲裁判断に拘束されるものとします。